So-net無料ブログ作成

桑の葉エキスのサプリメント [栄養補助食品の知識]


 高血圧対策のサプリメントとして、桑の葉エキスが今関心を集めています。

桑は、日本を含む北半球の温帯や暖帯に生える植物です。桑といえばカイコが食べる葉として知られていますが、最近は健康のためにお茶にすることも多くなりました。血圧の調節だけでなく、コレステロールの調整や、血糖値を下げる効果、便秘を改善する作用などが、桑の葉エキスの摂取で期待できます。


桑の葉に含まれている有効成分には、ビタミンC、ビタミンB、各種フラボノイド、カロテン、γアミノ酸などがあります。特にフラボノイドや食物繊維は血中の中性脂肪値を下げ、動脈硬化や高血圧の予防効果があります。


桑の葉エキスのサプリメントは錠剤だけでなく、カプセル型や、お茶として飲むものなどがあります。漢方薬の材料としても重宝されていた桑の葉は、医薬品のような副作用の心配なく利用することが可能です。


どのくらい以上を飲むと体によくないかは指定されていませんが、説明書の内容に従って利用してください。長期的に使用することで血圧への効果が期待できますが、臨床試験の結果では、短期の使用でも血圧への影響はあるようです。


人によっては、桑の葉サプリメントを長期間使い続けると、お腹が張った感じがして、おならがよく出ることがあります。これは桑の葉の効果が現れていることなので、血圧サプリメントとしての作用が出ている結果と考えられます。




nice!(0) 
共通テーマ:健康

ゴマペプチドのサプリメント [栄養補助食品の知識]


 最近、高血圧の体質改善のために、サプリメントでペプチドを飲んでいる人が増えています。高血圧のリスクは、年齢が上がるにつれて上がります。年をとると、どうしても血管の弾力性は失われ、血管はドロドロになります。


そのため、体のあちこちに血を送り届けるには、血圧が高くなる必要があります。ですが、あまりに高すぎる血圧は、血管を傷つけてしまいますので、高血圧予防は大事です。血圧を調節するサプリメントには色々なものがありますが、人気のサプリメントにゴマペプチドのサプリメントがあります。


ゴマペプチドは、胡麻から抽出されるアミノ酸の結合体です。アミノ酸は、人の体をつくるためには、なくてはならないものです。ペプチドは高血圧に効果があると言われ、ドリンクにペプチドが含まれている商品は多数あります。


食材としても、ゴマは健康効果が高いものとして、注目されていました。ゴマペプチドは、数々のペプチドの中でも、高血圧の予防に有効であるということが指摘されています。胡麻ペプチドを配合した胡麻麦茶などもあり、薬は飲みたくないという人でも、日常的な飲み物として常用することができます。


胡麻ペプチドは高血圧だけでなく、様々な生活習慣病に効果がある成分ですので、サプリメントで上手に補給していきたいものです。




nice!(0) 
共通テーマ:健康

DHAとEPAのサプリメント [栄養補助食品の知識]


 サプリメントを、血圧調整を目的に使っている人がいます。死亡率が高い疾患として、日本で挙げられるものに、高血圧に由来するものがあります。サプリメントで高血圧を調整することは、加齢による影響を受けても、血圧が上がりすぎないようにする効果があります。


血圧に関係する栄養成分には様々なものがありますが、青魚から摂取することができるDHAや、EPAは、健康維持になくてはならないものです。EPAやDHAには血液を固まりにくくする効果や、中性脂肪を調節する効果があり、これらが血圧を調整する作用につながりまする。


かつては、日本人はたくさん魚を食べていました。今では、乳脂肪分や肉類を多く摂取するけれど、魚の消費量は大幅に減っているという方も多いようです。そのため、体内で不足している栄養素を、サプリメントを活用するという形で補給している人は多いようです。


血圧調節効果のほかにも、DHAやEPAにはがん対策や、糖尿病対策などに使われています。生理中の痛みを軽くしたり、脳が働きやすい状態をつくる等の効果がサプリメントにはあります。高血圧は、放置しておくと取りかえしのつかないことになります。


DHAやEPAのサプリメントを上手に使って、高血圧を調節していきましょう。




nice!(0) 
共通テーマ:健康

亜鉛サプリメント [栄養補助食品の知識]


 健康維持のために、栄養の偏りがない食事をしたいと思ってはいるけれど、多忙などでなかなか自炊ができない方もいます。体が必要としている栄養素は色々ありますが、ビタミンや鉄と違って見過ごされがちなものが亜鉛です。


ごく少量ですが、人の体は亜鉛を必要としています。亜鉛は、人の体の中で、たんぱく質の合成に関わる役割を担っています。免疫力や、生殖機能の維持にも、亜鉛は密接な関わりがあります。また、亜鉛が足りなくなると、味覚が変わったりもします。


亜鉛は鉄分と同じように不足すると体に影響が起こりますので、体に必要な量を摂取するようにしましょう。亜鉛は体の中では合成できないものなので、毎日の食事から摂取することが必要ですが、食品に含まれる含有量はとても微量です。


食事に含まれている亜鉛の量として、食パン100gにつき0.7mg、ご飯はお茶碗一杯につき0.5mgくらいしかありません。確かに、亜鉛を含んでいる食事は色々とありますが、必要量を確保するためには、たくさん食べなければいけません。


亜鉛は女性だけでなく、男性や、子供のころからも必要な栄養成分ですが、食事の内容が偏ると、必要量が得られていないことがあります。持ち運びが便利で、いつでも飲めるサプリメントがあると、栄養補助になります。


ビタミンのサプリメントはよく見かける商品ですが、同じように亜鉛のサプリメントも人気の商品です。サプリメントであれば手軽に亜鉛を摂取できるので、とても簡単に健康な体つくりに役立てることができます。




nice!(0) 
共通テーマ:健康

乳酸菌のサプリメント [栄養補助食品の知識]


 アレルギーによる症状を軽くするために、乳酸菌サプリメントを愛用しているというかたがいます。腸の内壁がダメージを受けてアレルギーの症状が出ているという時には、乳酸菌がとても役立ちます。


牛乳や卵など、ある食品を摂取するとアレルギーが起きる状態のことを食物アレルギーといいます。アレルギーの原因はいくつかありますが、腸にトラブルが起きたためにアレルギーになるということがあります。


今まで何ともなかった食物から急にアレルギーを発生するケースもあります。乳酸菌には腸壁を修復する働きがありますので、サプリメントで補給するといいでしょう。


強い刺激のあるものを好むことが多いなど、現代人の食事は腸壁に負担がかかりやすいようです。アレルギー性の症状を緩和するためには、乳酸菌を体内に取り入れ、腸の内壁を強化することが効果的だと言われています。


消化がうまくいかないことが多いという人は、サプリメントで乳酸菌を確実に補給してみると快腸になることもあります。


体内の免疫をアップする作用が、乳酸菌にはあるといいます。アレルギーの原因物質の働きを抑制する効果も実験で明らかになっています。アレルギーは免疫機能の過剰反応によって起こるものなので、サプリメントで乳酸菌を摂ることはアレルギーが気になる人にはおすすめの方法です。




nice!(0) 
共通テーマ:健康

花粉アレルギーにサプリメント [栄養補助食品の知識]


 花粉アレルギーの症状を緩和するために、サプリメントを飲んでいるという方は、案外とたくさんいます。日本では60種類の植物がつくる花粉が、アレルギーを引き起こすと可能性があります。杉やヒノキは、2月から5月にかけて花粉を飛ばし、花粉症を引き起こします。これ以外にもヨモギ、ブタクサ、イラクサなどが該当する植物です。


病院では、花粉症の症状を軽減するために、抗ヒスタミン薬を出しています。病院の薬ではなくて、サプリメントの効能によってアレルギー対策を行っている人もいます。どのような成分がアレルギーで困っている人に役立つのでしょうか。


ハーブのネトルは花粉症の原因となる抗体の生成を抑制する効果があるといいます。花粉でアレルギーを発症する季節の2週間くらい前になったら摂取すると良いといいます。バラのエキスや、甜茶、ビタミンCのサプリメントも、花粉アレルギーの症状を軽くする作用が得られます。


サプリメントを選ぶ時は、こういった、花粉アレルギーに対して効果があるという成分のものを選びましょう。


この他、花粉アレルギーに効果がある栄養成分としては、ヒスタミンの放出量を少なくするというマグネシウムがあります。鼻の粘膜を強くするにはβカロテンがいいですし、アレルギーに対して強い体を作るには、ミント、しそ、ローズマリー等がいいでしょう。


このようなさまざまな成分は食事で摂ることもできますが、サプリメントを利用したほうがより確実に体内に摂り入れることができます。サプリメントをうまく活用してつらいアレルギーを改善させましょう。




nice!(0) 
共通テーマ:健康

ローズヒップは人気のサプリメント [栄養補助食品の知識]


 近年では、たくさんの人がサプリメントを活用しています。利用者の多いサプリメントとして、ローズヒップがあります。ハーブティに使われているローズヒップが、私達が身近に接する機会の多いものではないでしょうか。


ローズヒップはバラ科のハーブの一種であり、紅茶やアロマオイルなどの商品としても取り扱われているものです。ローズヒップにはレモンの20倍ものビタミンCを含んでいる事から、ヨーロッパや中国などの外国では、薬用に使われていたそうです。


ローズヒップは、サプリメントで摂取するだけでなく、ボディオイルや化粧水など、様々な局面で積極的に使われることの多い身近なハーブです。ローズヒップのサプリメントが人気なわけは、このように多くのビタミンを含む美容効果の期待できる商品であることです。


美容にいいばかりでなく、風邪対策や、免疫力をつけるためにも、ビタミンCのサプリメントは有効だといいます。ローズヒップを配合したお茶、化粧水、美容オイルなど様々な商品があり、美容と健康を気にする女性の間では注目されています。


その反面、ローズヒップには独特の風味と強い酸味がある為、苦手という人も多いそうです。においや味が気になる方は、ローズヒップのサプリメントならば、その独特の酸味などを感じないので、気にする事なく使用できます。


水溶性のビタミンCは、一気に飲むと余剰分が体外に出ていってしまいますので、時間をおきながら、少量ずつ飲むことが大事です。ローズヒップのサプリメントならば、いつでもどこでも手軽に必要な分だけ簡単に摂取できるので、大変便利な商品です。





nice!(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。